【実体験】鉄筋コンクリート造でも要注意!生活音が気になる人の物件選び方

生活音が気になるから鉄筋コンクリートのマンションにしたのに、音が響くんですけど…。

そんな経験、ありませんか?

私は大いにあります…。

 

私は30代半ばですが、これまで8回引っ越しを経験しました。

上京、入社、転職、といった理由のほか、「現状不満」が原因で引っ越したこともありました。

 

生活音。

気にならない人はまったく気になりませんが、気になる人は気になりますよね。

私は後者の気になる側です…。

 

「音が気になるほうが悪い」

「神経質なだけ」

……などと思われがちで、たしかに本人の意識によって変えられる部分もありますが、限界もあります。

なるべくなら近隣の音が聞こえない部屋のほうが良いですよね。

 

そこで、これまで8回引っ越してきた経験から、「音が気になる人はどんなポイントで家を探せば良いのか?」ということをまとめました。

 

ベストなのは、このような物件です。

  1. 隣との壁にしっかりコンクリートが詰まっている
  2. クッションフロア(歩いても音が響かない)
  3. 隣と直接面していない間取り

鉄筋コンクリートであっても安心はできませんので、ご注意ください!

 

音が漏れやすい構造~RCでも安心できない

一般的に、音が漏れやすい構造は以下の順番と言われています。

木造>鉄骨造>鉄筋コンクリート

 

ですが、私の経験では以下になります。

 

木造=鉄骨造>=エセ鉄筋コンクリート造>しっかりした鉄筋コンクリート造

 

ひと口で言えば、「壁や床にコンクリートが詰まっているかいないか」が最大のポイントです。

 

木造や鉄骨造の場合、防音性はまず見込めません

壁の間に石膏ボードといったボードが入っていますが、防音にはならないと思って間違いありません

壁を叩くと「ドスドス」「ドンドン」という響くような音がします。

床を歩いても同じように音が響きます。

 

このように壁や床はスカスカなので、音が響くことは当たり前と言えます。

酷いときは、通常の話し声も聞こえるレベル

私は一人暮らしの初っ端にそのような木造アパートに住んでしまい、不快な思いをしました。

 

隣の生活音や声が聞こえることはもちろん、こちらも気を遣わなければなりませんからね…。

 

一方、きちんとコンクリートが詰まっている場合、叩いても「ペチペチ」という音しかしません

また、歩いても「ドスドス」という音は響きません。

 

えり
このようにコンクリートが詰まっていれば、隣の生活音や声は聞こえにくいです。

 

では「鉄筋コンクリートなら大丈夫なのか」というと、そうとも言い切れません。

 

鉄筋コンクリートでも隣の声が聞こえる!?

同じ鉄筋コンクリート造と言っても中にコンクリートが詰まっていないケースが多々あります

隣の壁やマンションの外壁のみコンクリートで、各部屋を仕切る壁は石膏ボード等ということが多いです。

が、これはまだまだマシなケースで、酷い場合鉄筋コンクリートのマンションでも隣との壁も石膏ボード、ということがけっこうあります。

 

私はこのケースに遭遇しました。

内見の際、壁を叩いて「ドスドス」と音がしたので「アヤシイな」とは感じていたのですが、最上階角部屋だし、隣との部屋の境は収納やキッチンだし大丈夫だろう、と考えてしまっていたんです。

 

えり
でも実際に住んでみると、隣や階下の足音や扉を閉める音がけっこう響き渡ります。最上階角部屋なのに…とガッカリ。

 

うちは最上階角部屋なのでまだ良いのですが、上の階があったり、両隣に挟まれていたりすると、このようなエセ鉄筋コンクリート(と勝手に呼んでいる)造は悲惨です。

 

せっかく鉄筋コンクリートのマンションにしたのに鉄骨や木造と変わらない

なのに家賃は鉄骨や木造よりも高い

…なんていう虚しい結果に(涙)

 

知恵袋などを見ていると、鉄筋コンクリートでもいろいろな音が聞こえるようです。

  • 話し声・怒鳴り声
  • 足音
  • テレビの音
  • 時計のアラーム音
  • スマートフォンのバイブ
  • ドアの開閉音・戸棚の開閉音
  • イスを引く音
  • 物を置く音
  • 洗濯機の脱水の音
  • 冷蔵庫やエアコン、コタツなどのモーター音

……などなど。

 

鉄筋コンクリートだと考えて安心せず、内見の際は壁と床をチェックするようにしてください。

不動産屋によっては嫌がられますが、ココは妥協せずしっかり確認してくださいね。

その部屋に住むのはアナタですから!

 

一般的に、家賃相場より安い鉄筋コンクリート造のマンションは要注意です。

ただ、築年数はあまり関係がありません

 

以前住んでいた築30年のマンションには、隣の部屋との間にはしっかりコンクリートが詰まっていました。

一方で、築16年のマンションはほぼ石膏ボードで生活音が響いていました…。

(どちらも家賃相場相応のマンション)

 

家賃が相場よりも低めであっても、築年数が古いがための安さかもしれませんので、やはり内見の際にしっかり確かめる必要がありそうです。

 

最上階でも安心じゃない~クッションフロアのススメ

上記に記載したように、最上階角部屋、ワンフロア1世帯、といった物件でも安心はできません

下の階の音というのも意外に響くからです。

 

それは木造、鉄骨、コンクリでない鉄筋コンクリート造、いずれも変わりません。

 

下の階に小さなお子さんがいたり、学生で仲間を集めてドンチャン騒ぎするような人がいたりしたら、なおさら悲惨です…。

 

ベストなのは、「クッションフロア」です。

歩いてみるとすぐわかるのですが、フローリングに特殊なビニールが詰まっており、フカフカするんです。

私は2回クッションフロアの物件に住んだことがありますが、上の階からの音はゼロで感動しました!

 

クッションフロアでなくても、きちんとコンクリートが詰まっているようなしっかりした床なら大丈夫です。

内見の際はスリッパではなく、素足で歩いてみることをオススメします。

 

隣と直面することのない間取り

 

たとえば上記2つの間取りだと、どちらが良いかはすぐにおわかりいただけますよね。

上の間取りは、隣の部屋と壁が直接面しています

このような間取りは隣の音が聞こえやすいです。

最悪の場合、普通の話し声が聞こえてしまうことも…。

 

一方、下の間取りの場合、隣と面している部分はおそらく浴室やキッチンになります。

このように、隣と面しているのが、たとえば…

  • 浴室やトイレ
  • 収納
  • 階段
  • キッチン

上記のような設備だと、音は聞こえにくくなります。

 

とはいえ、鉄骨や木造、石膏ボードタイプの鉄筋コンクリートの場合は、下の階から音が響くこともありますし、設備を超えて隣の部屋から音が聞こえてくる場合もあります

上下階や隣に住んでいる方にもよるのですけどね…。

 

まとめ

以上、音が気になる方の物件の選び方をご紹介しました。

音が聞こえにくい部屋のポイントは3つです。

  1. 隣との壁にしっかりコンクリートが詰まっている
  2. クッションフロア(歩いても音が響かない)
  3. 隣と直接面していない間取り

 

鉄筋コンクリートであっても、隣との壁や床にコンクリートが入っていないようなタイプだと、音は響きやすいので要注意。

 

内見の際、壁を叩いて「ドスドス」とか「コンコン」とか中が空洞のような音が聞こえたら、音が漏れやすい構造です。

きちんとコンクリが入っていれば、強く叩いても「ペチペチ」としか音がしません。

 

また、歩く際にはスリッパではなく素足で歩いてみて、ドスドス音が響かないかも確認してください。

 

必要であれば、何度も内見してもかまわないと思います。

特に賃貸でなく購入するのでしたら、全部屋の壁を叩いてみる、くらいの勢いでも良いかなと。

 

住居はせっかくリラックスできる空間のはずなのに、隣の音や声に悩まされるのは辛いものです。

妥協せず、部屋を選んでくださいね!

 



カウンセリング×コーチング×アドバイス

「家で働きたい」ということに関して、こんなお悩みはありませんか?

  • 自分にどんな仕事が向いているのかわからない
  • 現職を辞めて家で働きたいが、どうしたら良いかわからない
  • 在宅ワークをしているが、悩みがある
  • 在宅ワークをどのように探せば良いのかわからない
  • 家で働きたいが、特別なスキルや経験がない
  • 子育てや病気でブランクが長いため、仕事が見つかるか不安

などなど…。

 

在宅勤務での人事×採用×カウンセラーの経験から、そのようなお悩みをサポートいたします。

 詳細:在宅ワークカウンセリング

ただ話を聴く「カウンセリング」ではなく、コーチングやアドバイスの要素も取り入れ、みなさんがより具体的に行動・結果を出せるようお手伝いができればと思っています。

ココナラにてカウンセリングサービスを出品していますので、よろしければお気軽にご相談ください(^^)

 

ココナラ

 

もしくは、ブログの問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。