【在宅ワーク】求人を探すためのサイトを量と質の面から紹介

在宅ワークに興味を持っている方・探している方に言われるのが、こんなことです。

どうやって探したらいいですか…。探してみたけどいい求人がないんですけど…。

情報誌や専門サイトが豊富な通常の仕事と比べて、在宅ワークは探しにくいですよね。

私自身も経験があるので大いにわかります。

一方で、私は在宅ワークで人事・採用の仕事をしており、求人を掲載したこともありますので、双方の経験を踏まえ「在宅ワークの探し方」をこの記事にまとめました。

 

求人の量と質(信頼性)の面から段階に分けて記載しています。

また、フリーランス、業務委託、雇用、などいずれの形態でも当てはまる探し方かなと思いますので、参考になれば幸いです(^^)

 

在宅求人の探し方

在宅ワークを探す

以下の表で、在宅ワークの探し方や求人サイトを量・質・媒体ごとにまとめました。

 

探し方・サイト求人の量求人の質・信頼性
クラウドソーシングサイト
通常の求人サイト
企業のホームページ
人づてによる紹介
【番外】エンジニア特化の転職サイト

 

次項からひとつひとつご紹介していきますね。

 

クラウドソーシングサイト

クラウドワークス

◎メリット

  • 求人・仕事数が多い
  • 「報酬が支払われない」という事態が防ぎやすい

△デメリット

  • 詐欺求人や信頼性の低い求人もある

まず、求人の量がもっとも多いクラウドソーシングサイトをご紹介します。

クラウドソーシングサイトの代表は、クラウドワークスやランサース。

個人や企業・団体からの求人が多い反面、詐欺求人や「簡単に稼げます!」といったアヤシイ求人もあるのはデメリットです。

 

 参考:【在宅ワーク】これは怪しい!詐欺求人の見分け方

 

また、クラウドソーシングサイトでの仕事は雇用契約ではなく業務委託契約を結ぶことになるため、正社員やパート・アルバイトなど雇用契約の仕事を探している場合は適していません

 

クラウドソーシングサイトとは?

クラウドソーシングサイトとは

クラウドソーシングサイト・クラウドソーシングサービスというのは、仕事を依頼したい個人や企業(上記表の発注者)と、仕事をしたい個人(受注者)を結ぶサイト・サービスのことです。

ちなみに、クラウドソーシングというのは「群衆=クラウド(crowd)」と「業務委託=ソーシング(sourcing)」をくっつけた造語で、ネットを通じて「不特定多数の群衆」に「業務を委託して」効率よく仕事や作業を行なうこと。

 

クラウドソーシングサイトは以下のような役目を果たしています。

  • 仕事を依頼したい側:求人を掲載する、仕事を依頼したい作業者をスカウトする
  • 仕事をしたい側:求人を探す、プロフィールやスキル・経歴を掲載する

 

クラウドソーシングサイトは仕事をしたい側と仕事を依頼したい側、双方の間に入り、報酬のやり取りを管理しています。

そのため「仕事をしたのに報酬を支払ってもらえない」といったことはありません(仕事を行なう前に依頼側が仮払をするため)。

 

クラウドソーシングサイトのメリット・デメリット

クラウドソーシングサイトは冒頭に記載したように、求人の量が多いです。

プログラミングやデザイン関係、マーケティングなど専門的なスキルが必要になる仕事はもちろん、事務、営業、カスタマーサービス、ネットショップ運営手伝い、など多彩な募集があります。

 

求人数が多い一方で、「稼げます!」といった文句で人を集めるような詐欺サイト・マルチ商法に近い求人も中には存在します

ただ、間にクラウドソーシングサイトが入っているため、「仕事をしたのに報酬が支払われない」といったことはありません。

 

信頼できない依頼主からLINEやメールアドレスなど連絡先を聞かれた場合は応えないようにしてください。

 

 参考:【在宅ワーク】これは怪しい!詐欺求人の見分け方

 

クラウドソーシングサイトを利用すべき人は?

えり
「在宅ワークをしたい」と考えるなら、クラウドソーシングサイトの大手であるランサーズとクラウドワークスにはまず登録しておくべきです!

ライティングやプログラミング、デザイン関係の仕事を希望しているフリーランスの方はもちろん、事務やカスタマーサービスなどの職種を探している方も登録しておいて損はありません。

 

クラウドワークスとランサーズの違いをざっと記載すると…。

  • クラウドワークス
    • 事務や営業、カスタマーサービスなど一般的な求人はランサーズよりも多い
    • スカウトが来ることもランサーズより多め(体感)
  • ランサーズ
    • ライターやエンジニア、デザイナーの求人はランサーズのほうが比較的質が高い

 

ひとまず双方に登録し、プロフィールや経歴をしっかり記入しておくと良いですよ(片方は同じ文言=コピペでOK)。

そうすれば依頼主やクラウドワークスからスカウト・仕事の依頼が来ることも増えますので!

 

 

通常の転職・求人サイト

ママワークス

 

◎メリット

  • 求人・仕事数が多め
  • 正社員、パート・アルバイトなど直接雇用の仕事も掲載している

△デメリット

  • クラウドソーシングサイトよりは掲載数が少ない

 

次にご紹介するのは、通常の求人サイトで「在宅ワーク」と検索して探す方法です。

たとえば、IndeedWantedlyママワークスなど。これらのサイトは比較的在宅ワークの求人が多いです。

 

クラウドソーシングサイトと異なるのは、あくまで「求人を掲載しているサイト」であって、企業との報酬のやり取りは自分で行ないます。

ただ、業務委託ではなく雇用契約を結ぶ場合も多いため、雇用の仕事を探している場合も適しています

 

オススメは以下のサイト。

 

このうち「ママワークス」が一番オススメ(求人数が多い)です

「ママ」と付いていますが、男性でもママでなくても登録・利用はOKです。私も未婚ですが実際に応募したこともありますよ。

 

求人検索で「在宅勤務」の項目が選べるため探しやすいですし、プロフィールや経歴を入力しておくとスカウトが来ることもあります。

デザイナー、WEBクリエイター、プログラマー、ライター、の求人が多め。

また、メルマガに登録しておくと新着求人の案内が来るため、こちらも登録をオススメします。

 

Wantedlyはやや特殊ではありますが、正社員の案件が他サイトより多いです。

ベンチャー企業など新しい会社が利用していることが多いので、「リモートワーク」等新しい働き方を積極的に取り入れている経営者が多いですね。

 

Indeedは少し探しにくいですが、掘り出し物の案件があることもちらほら。

 

企業のホームページ

在宅ワークをホームページで探す

◎メリット

  • 企業が直接掲載をしているので、信頼性が高い

△デメリット

  • 検索するのがたいへん

 

企業の採用ページに在宅勤務の仕事を掲載している場合もあります。

ただしこの場合、インターネット検索で探しにくいのがデメリット

「在宅勤務を取り入れている企業」「リモートワークできる」などで検索ワードを考えて、根気よく探す必要があります。

 

また、企業によっては採用ページが古く、「実際は募集が終了していた」というケースもたまにあるためご注意を。

ただ、ダメもとでも「募集していませんか」と企業に丁寧に問い合わせすると、空き求人を案内してくれる可能性もあります。

 

ライターやプログラマー、デザイナーを希望している場合は、気になるメディアの企業ページ・採用ページをチェックしてみるのもオススメです。

 

人づての紹介

人脈

◎メリット

  • 人づての紹介なので、信頼性が高い

△デメリット

  • 在宅ワーク初心者には探しにくい

人から紹介を受ける仕事のため、もっとも信頼性の高い探し方です。

 

えり
在宅ワークをしている友人・知人がいる場合、その会社で募集がないか一度聞いてみるのも良いですよ。

 

また、在宅ワークを長く続けていると人脈が増えます。そうすると転職した人から「うちに来ない?」「この仕事お願いしたいんですが」というお誘いが来ることもけっこうあったりします。

実際に私も何度か仕事をいただいたことがありました。

 

フリーランスの方も、人づての紹介は重要です。

プログラマーや翻訳家、デザイナー、ライター、など技術が必要になる仕事の場合は、納品物の質を高めたりコミュニケーションをしっかり取っていると、次も仕事をもらいやすいです。

 

【番外】エンジニア特化の転職サイト

Tech Stars Agent

エンジニア・プログラマー職を探している場合、転職サイトの利用はオススメです。

というのも、キャリアコンサルタントが専任で付いてくれるため、優良求人を紹介してもらいやすいからです。

 

私はエンジニアではないので利用経験はありませんが、実は似たサービスの運営側にいた経験はあります。

IT業界に強いコンサルタントがいる場合、かなり手厚くフォローしてもらえるため、一人で求人を探すよりはるかにはかどります。

 

「在宅勤務希望」「独立(フリーランス)希望」という要望を伝えれば、そのような求人を探してもらえます。

さらにメリットはこちら。

  • 職務経歴書や履歴書のチェックをしてもらえる
  • 面接の練習・対策をしてもらえる

 

いくつか転職サイトを探していて、良いなと感じたのが以下のサービスです。

 

こちらのコンサルタントはエンジニア経験者のみとのこと。

IT業界はとくに、業界経験者でないとわからないことも多いです。適正年齢や学歴、社風、どんな性格の人にどんな会社・案件が合うのか、など。

実際にエンジニア経験があるコンサルタントなら相談もしやすいですし、アドバイスも参考になることが多いです。

 

また、独立の支援もしてもらえるそうなので、フリーランス希望の方にも良さそうですね。

 

まとめ

在宅ワークを初めて探す場合は、以下のサイトに登録しておくと良いですよ。

まとめて3社登録すれば、経歴やスキルをコピーして同じように作れますので、便利です。

 

また、ケースによっては以下のサイトもオススメです。

 

知人や友人に在宅ワークをしている人がいる場合は、募集がないか聞いてみるのもアリです。

いずれクラウドソーシングサイトでの自己紹介の書き方なども記事にできたらと考えているので、よろしければまた読みに来てくださったら嬉しいです(^^)

カウンセリング×コーチング×アドバイス

「家で働きたい」ということに関して、こんなお悩みはありませんか?

  • 自分にどんな仕事が向いているのかわからない
  • 現職を辞めて家で働きたいが、どうしたら良いかわからない
  • 在宅ワークをしているが、悩みがある
  • 在宅ワークをどのように探せば良いのかわからない
  • 家で働きたいが、特別なスキルや経験がない
  • 子育てや病気でブランクが長いため、仕事が見つかるか不安

などなど…。

 

在宅勤務での人事×採用×カウンセラーの経験から、そのようなお悩みをサポートいたします。

 詳細:在宅ワークカウンセリング

ただ話を聴く「カウンセリング」ではなく、コーチングやアドバイスの要素も取り入れ、みなさんがより具体的に行動・結果を出せるようお手伝いができればと思っています。

ココナラにてカウンセリングサービスを出品していますので、よろしければお気軽にご相談ください(^^)

 

ココナラ

 

もしくは、ブログの問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。